FC2ブログ

お花の湯飲み 

 


先日のお教室時に
先生が骨董市で求めたという
湯飲みを500円で、譲っていただく。

IMG_0596.jpg

継いでみたら、とても可愛くなった。←親バカ

IMG_1149.jpg

大阪の骨董市は、
欠けたものをとても安く売っているのだそう。
羨ましいな、行ってみたい。



category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

夏は。 

 

暑くなってだれてるのは、
猫さんだけじゃないの。

RIMG0238.jpg

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

△top

土用干しで盛夏を感じる 

 

土用干し始めました。

IMG_0632.jpg

マクロビ教室は、大豆ミートの餃子と、
厚揚げの酢豚風炒め物。

IMG_0629.jpg

菜食に慣れると、大豆ミートをとても美味く感じるし、
豆腐と厚揚げと油揚げの贅沢が、一番嬉しくなるのです。
(たかが知れてる大贅沢)

最近、私の一番の贅沢は、
久我山の手作り豆腐屋さんの厚い揚げたて油揚げ。

教室で餃子の皮が美味しかったので、
家でも久しぶりに粉からこねました。


category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 3

△top

洋皿を銀と錫で 

 

necoさんからのお預かりものの洋皿2点。

ご自身で金継ぎをしてみようと、
だいぶ昔にくっつけてはみたけれど、
そのままにしていたというお皿。

ちょっと段差ができてたので、
漆で誤魔化して隙間を埋めて、銀粉錫粉を蒔いてみた。
洋皿は、銀の方がしっくりくることが多いみたい。

こちらの小さめのお皿は、銀で。

rexhotel.jpg

市松模様が可愛いお皿は、
粉々に割れたような曲線の傷、
その線に沿って、錫を蒔く。
ちょっとユニークな仕上がり。

市松


category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 3

△top

ガラスに挑戦してみる 

 

先日necoさんから預かった
ガラスの醤油差しの金継ぎに挑戦してみる。

まずは、金箔を割れ目にくっつかせる。

金箔醤油さし

もうひとつ、洋のぽってりしたボールも漆かけ。
大きな水玉みたい、かわいい感じになりそう。

IMG_1015.jpg



category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

のり巻きは優秀 

 

この間のマクロビ教室は、のり巻きと煮物。
のり巻きは簡単で、たくさん玄米が食べられる。

マクロ のりまき

家で仕事の日は、のり巻き定番になってる昨今。
納豆や、かんぴょうや、キュウリや、梅としそ。
これと、三年番茶で幸せなひととき。

ちょっと枯れすぎ?




category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top

再びの鎌倉 

 


しつこく鎌倉の金継ぎ教室へ。
ガラスの継ぎについてアドバイスをいただく。
使用する金箔も購入。

先生に、
「もう来なくて良いのに」と、
嬉しいような寂しいような言葉をいただく。

帰りに渋谷でnecoさんにお会いして、
いくつか器をお預かりする。

RIMG0263.jpg

ころんとした質感が可愛い洋ポウル。

RIMG0249.jpg

ずっと捨てられなかったという、
ガラスのお醤油差し。

RIMG0272.jpg

刷毛目が印象的なお茶碗。
・・コレは絶対、継ぐ前より金で継いだ方が良くなる器!

他人の良い器は、技術アップの素。
でもガラスがうまく継げるか
ちょとプレッシャーだったり。

楽しみながら、繕わせて貰おう。







category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

赤絵の湯飲み 

 

こちらの湯飲みも、
事務所の社長のお預かりもの。

IMG_1139.jpg

つるんと固い表面なので、
それに合わせてなるべく金を光らせたくて、
蒔くタイミングを計るのだが、なかなかうまくいかない。
やり直しやり直しで、金粉を結構流してしまった。

預かりものは完璧な仕上げを目指すので、
未熟者には、とても良い訓練となることを発見。


category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

小泉さんのお野菜 

 

小泉循環農場のお野菜は、
ほんとうに美味しい。
力がみなぎっていて、やさしいお味。
食べると、身体がきれいになる気がする。

お野菜大好き

それで毎週、こういうことになってしまうのです。
貴重なレモングラスも、
吊して乾燥させている間に、
この猫さんが半分くらい食べちゃった。

   ***

里山の枯れ葉を集める(堆肥にするのです)
お手伝いに成田に行ったのは、どれくらい前だろう。

あの後原発事故があり、
それでも小泉さんは、
放射線量を量り続けお野菜を供給し続けてくれている。

またいつか、お手伝いに行かせていただける日が来ると良いな。

   ***

成田闘争から、
お百姓さんになった小泉英政さんの御本
「百姓物語」「みみず物語」 




category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top

身体にやさしいおやつ 

 

今日はマクロビの教室で
くず粉を使った「葛練り」を習いました。
上には、りんごを擦ったものにお醤油。

葛練り

とても美味しい上に、身体にやさしい。
どんぶり一杯食べたいくらい!
いえいえ、一番の養生は節する心。

小豆かぼちゃと、
りんごとさつまいものレーズン煮も定番。







category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top