FC2ブログ

精進懐石料理教室 

 

マクロビの教室が修了したので、
同じ先生の「精進懐石料理」のクラスに移動。

3ヶ月に1度の頻度だというので、
自分へのご褒美にするつもり。
がんばって仕事や家事するぞのモチベーションアップ♪

IMG_1080.jpg

秋のこの回は、

松茸ごはん(国産と外国産のちゃんぽん・笑)
白和え(菊、こんにゃく、青菜、小さなトマト)
豆乳の卵豆腐(マクロクラスでは卵使わないけど)
かぼちゃの揚げだんごのお椀
(かぼちゃを蒸してこし、大豆ミートと玉葱の餡を入れて
油で揚げたものに、葛をかけてある手の込んだお料理)

先付けは豆腐の燻製(デパートの催事で購入だそう)
デザートはアップルパイと栗の渋皮煮。
これは、先生が用意しておいてくれたもの。


器も、とても素敵なものばかり。
特にこれなんて、
洗うとき、割ってしまわないかドキドキしました。

IMG_1078.jpg

こんなの金継ぎしてくれって言われたら、断る!




category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top

鳥獣戯画絵の湯飲み 

 

朝、事務所に着いたら、
机の上にこれが置いてありました。
付箋が貼ってあり「金継ぎ、お願いします」。
社長さんからです。

IMG_1069.jpg


社長さんはモノカキで、
巾広い知識や趣味をお持ちだからか、
ふだんの器も素敵なのを持っているのです。
(以前も、お茶碗と湯飲みをアップしました)
これは、事務所でお客さま用に使っていたもの。

小さな欠けで楽勝だわと、持ち帰ってビックリ。

見えている欠けだけじゃなくて、
ものすごい長~く深いヒビが、欠けのところから底まで回り込んでます。
それも引っ張ってみると、割れそうなくらい深い傷。
傷の中に接着を入れるのはとても大変なので、
逆に割れてしまってくれた方が、修繕しやすいくらい。

これはまた、丁寧にがんばらないと。




category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

お醤油差し完成 

 

試行錯誤の上、お醤油差し完成しました。

内側の漆は、少しだけ金消粉を混ぜて塗ってあります。
表側は、漆の上から金を蒔きましたが、
裏になるところは、金消粉を混ぜた漆のみです。

IMG_1183.jpg

お醤油の蓋がこすれるので、剥げないような気配りと、
口に入るものに、化学的なものが触れないようにすること。
あとは、気を遣わずに使用しても、
お醤油が、傷の隙間に入り込んだりしないよう、気をつけました。

実用重点&なるべくきれいにと心がけました。
necoさん、喜んでくれるかな。


category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

たまな食堂 

 

necoさんとお勧めの「たまな食堂」でランチ。

美味しいお野菜が食べられるおしゃれな店。
青山なんて何ヶ月ぶりだろう。緊張するわ~(笑)

IMG_0990.jpg

まずは前菜。
ひじきとトマトのオリーブオイル。
さつまいもとりんご。
パプリカのマリネ。おいし。

IMG_0993.jpg

かぼちゃのスープは、とてもクリーミーなのに、
ポクポクした感じもちゃんと受ける。不思議。

IMG_0991.jpg

米なすとしいたけのソテーには、
いろいろなお野菜のソースがかかっていて、
プランス料理みたい。もちろん、動物性は入っていない。

IMG_0995.jpg

選べるメインは、パスタに。味噌バジル味。

IMG_1029.jpg

と、食べてばかりでなくて、
今日は、この「雪だるま」の相談を。

1.注ぐ方向に注意して使うなんて無理。
2.見かけがきれいに透明になるからといって、
  化学的なものが食品に触れるのはNG。
3.基本、私におまかせで結構。

だいたい、私の見解と一緒なので、ありがたかったです。

デザートは2種類取って、シェア。
デザート2デザート

たっぷりあって、嬉しい。珈琲は止めて、三年番茶で。

元気のみなぎったお野菜たちを
即興芸術のように美しく仕立てた料理は、
魂を狂喜させ、しみじみと舌を満足させ、
胃にもやさしく、心から満足できました!

豪勢な料理は、ときに、罪悪感や体調不良を呼ぶこともあるので、
ストレスフリーの「たまな食堂」、とっても貴重です。




category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top