FC2ブログ

金継ぎワークショップ@ cafe maru 三鷹② 

 

金継ぎワークショップ、
第2回無事終了~。
(ちょっと前だけど・笑)

IMG_1830.jpg

いつも、さりげなく
シンプルで、かつ個性的なお花がある
cafe maruさんのセンス、ステキ。

今回は、前回にくっつけたり
隙間に盛ったパテが、乾いているかどうかを確認しながら、
お掃除したり、研いだり磨いたりの地味作業でした。

IMG_1824.jpg

ただ、ひたすら、なめらかに美しくを目指す!
ただただ、無言の行のようです。

これ、ひとりでやってると、
す~っと瞑想状態の、無我の境地になれます。

IMG_1826.jpg

いつも言いますが、
古来手法の金継ぎは、
この「研いだら漆、乾いたら研ぎ」が90パーセント。
金を撒く最後の花道は、たったの5パーセントくらいの比重。
(あとの5パーセントはくっつけたり、隙間を埋めたりの作業ね。)

IMG_1829.jpg

次回も地味作業は続きます。

でも、みなさん、金継ぎをやろうと思うだけあって、
とっても器用だし、こういう作業が苦にならないご様子。
よかった、よかった。

この日も、まるさんの手作り
マクロビスコーンと豆乳ラテで、まったりくつろぎました。

cafe maru さん、この11月で、
開店一週間になるそうです。
おめでとうございます!!
11月3日には、イベントもあるそう。

題して
”cafe maru 1歳の誕生日おめでとう
 ~いつものコーヒーが少しだけおいしくなるようなコーヒー茶会~”

cafe maru さんに珈琲を卸している
藁珈琲洞さんとのコラボ企画です。

以下、カフェまるさんのブログから引用

 *******

というわけで、
出張、藁珈琲洞企画。

しげさんがその日のためのその日のblendをもって、やってきます。
お茶会は、気楽に参加、退場の、自由形式。
コーヒーに関するギモン、シツモン、人生相談まで(!?)
こーひー片手に楽しく、おいしく、
翌日のモーニングコーヒーが少しだけ美味しくなるような時間。

そして、コーヒー屋らしく
コーノ式ドリッパーの使い方、
ネル、ペーパー、サイフォンでの抽出器具の違いによる
味の違いの体験などなどひっさげて、
明日の風が吹くままに、楽しみましょう♪

日時11月3日(祝)14時~17時
cafe maruにて
参加費 ドネーション、コーヒー試飲つき
    その時のアナタノお気持ちで自由に参加費を
    決めてください。
1オーダーを、別にお願いします。


    ******

すっごく行きたいのですが、
私もその日、イベントを企画していて
伺えないので、どうぞどうぞ、みなさん押しかけてください!

1周年おめでとうございます。
2年も、3年も、ずっとずっと、近くにあってほしいカフェ、
応援しています。

s-cafemaru 2s-cafemaru 1s-cafemaru 3

場 所    東京都三鷹市牟礼牟礼7-4-51
        cafe maru (カフェ・まる)
        吉祥寺・久我山・三鷹よりバスまたは、
        井の頭線三鷹台駅より徒歩20分
        http://cafe-maru.jugem.jp/?page=2&month=201311

カフェまるさんのイベントについては、こちら
金継ぎのお問合せは、みちかまで。
michicagohda★gmail.com(★⇒@)
お気軽に、お問合わせくださいね。

category: ワークショップ

tb: 0   cm: 1

△top

金継ぎワークショップ御礼@ cafe maru  

 

ご報告がおそくなりましたが、
三鷹の一軒家カフェcafe maru さんでの
金継ぎワークショップ始まりました。

どの駅からもかな~り遠く、
住宅街のど真ん中という立地ですが、
とにかく素敵なまったり空間です。

カフェの大きなテーブルに新聞紙を敷いて、
直したい器大集合。
割れたのや、欠けたのや、ヒビの入った器たち。

R0010541.jpg

接着面に、漆を下塗り。

R0010537.jpg

小麦粉を水と練ってグルテンを出し、生漆と混ぜ混ぜ。
これが、強力接着剤になります。

R0010540.jpg

くっつけて、テープで固定!
湿気と温度のある程度あるところに、2週間以上置きます。

R0010542.jpg

初めての試みで、バタバタしてしまいましたが、概ね予定通り。
割れたものをくっつけたり、欠けたところに錆漆(砥粉と漆)をパテしたり。
初回は、たいへんだけど、やりがいある作業だったと思います。

あとは、最後の仕上げに金を撒くところまで、地道な作業のみ。(笑)

金継ぎの90パーセントは、
漆を描き乾いたら研ぎ、また漆を描き乾いたら研ぎの地味作業。
それを繰り返して下地をきれいにして、最後に金を撒くのです。
この90パーセントの作業の丁寧さが、仕上がりを決めます。

10月は10日(金)13時~
11月は14日(金)13時~

途中入会も大丈夫ですよ。
お問い合わせくださいね。

さてさて、作業に集中したあとは、
cafe maruさんのお茶で、一息。
豆乳カフェオレが、うまかった!
お菓子も欲しくなって、追加しました。
・・・・・しあわせ ♪♪

写真 (12)

***************

金継ぎワークショップ@cafe maru

住宅街にあるちょっと不思議な異空間カフェ、cafe maru。
動物性を使わないお菓子や
お野菜たっぷりのお料理もとっても美味しいんですよ。
日差しがたっぷり入る気持のよい空間で、
ゆっくりまったり、金継ぎを楽しみましょう~♪

s-cafemaru 2s-cafemaru 1s-cafemaru 3




料 金   4,500円(1回2時間・1ドリンクつき)

       個人用の筆(漆用)と、金粉は実費購入ですが、
       その他の材料・道具一式は、こちらで準備します。
       筆は2300円、金粉は0.5gで5,000円程度
       (平均的な傷7~8個修繕できる分量)です。

持ちもの  修繕したい壊れた器3~4品程度
        エプロン・アームカバー・新聞紙・ぼろ布

場 所    東京都三鷹市牟礼牟礼7-4-51
        cafe maru (カフェ・まる)
        吉祥寺・久我山・三鷹よりバスまたは、
        井の頭線三鷹台駅より徒歩20分
        http://cafe-maru.jugem.jp/?page=2&month=201311


新漆(化学塗料)やエポキシ接着の簡易方法ではなく、
本物の漆と自然素材(木粉・砥粉・小麦粉など)を使う
伝統方法をお教えするワークショップです。
金継ぎは漆の乾燥に時間がかかることから、
最低でも5~6回の工程が必要になります。

金粉を使わない、漆のままの仕上げ方法や、
人造金や銀・錫仕上げも、お好みでお選びいただけます。

どうぞお気軽にお問合わせください。
ご参加お待ちしています。
michicagohda★gmail.com(★⇒@)まで、お問合わせください。


category: ワークショップ

tb: 0   cm: 0

△top