FC2ブログ

金沢~輪島 能登の旅 

 


金沢と輪島へ行ってきました。
子どもたちが企画した家族旅行だったのですが、
輪島では、念願の朝市や
漆博物館に寄ってもらいました。楽しかったです。

IMG_6406.jpg

漆芸美術館にも、行きたかったのですが、
残念ながらお休み期間でした。
次回は是非!(ひとりで行っちゃうもんね)


輪島の博物館では、
輪島塗の全工程や、
たくさんの道具を拝見しました。
こんな感じ。

IMG_6427.jpg

IMG_6429.jpg

漆製品の土産物屋さんの
職人さんの傍らには、見たことのない形のいろんなヘラが。
お道具マニアの血、刺激されてきました💛

それで帰ってきてから、
竹べらの先の削りや曲がりを工夫してみたり。
ろうそくであぶって、
かなり曲げてみたりしたのですが、
写真だとわかりにくいですね。

IMG_6464.jpg

そういえば、輪島は漆の町ですが、
金沢は金箔の町。
能登は金継ぎに縁の土地なのですね。

帰りの新幹線を待つ間、
駅のお土産売り場で見つけた
「金粉入りチョコレート」を買ってきました。

工房でのクラスの時に召し上がっていただきました。

IMG_6456.jpg

金塊を模したパッケージが笑えたのですが、
しまった、写真撮るの忘れてしまいました。

IMG_6466.jpg


category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top

春の日差し 

 


今年は春を感じるのが早い!
もう、光が春。

・・とういわけで、
荻窪サロンの観葉植物たち、
立春の少し前から
窮屈そうに悲鳴を上げてるのを
待たせてきたので、
ようやく植え替えをしました。

IMG_6266.jpg

ホントはこんなこと
している時間の余裕はないんですけど、
期末テストの前夜には、
きまって机引きずって、
部屋の模様替えしてた私ですので、
(現実逃避のように見えて、実は脳内整理)いいんです。

IMG_6267.jpg

ほらほら。この根っこはかわいそう~。
24センチの足を21.5の靴に突っ込んだみたいな、。
こんなに曲がってるし、根っこ。
土もところどころ痛んでいて、
これは葉っぱが茶色くなるはずだわ。

バッサリと思い切って根っこを切る!
切る!切る!土をほぐす、、。
気持ちよいねえ、息ができるね。

サロンオープンに、
友人がくれた(私がリクエストした)
ウンベラータと、
同時期に自分で購入した小さなパキラも、
頭がもじゃもじゃの人みたいになってるので、
中くらいの鉢に植え替えた。

   * * *

サロンに来る途中、
吉祥寺の青山フラワーマーケットで、
いろんな種類のアイビーが出てて、
ハートの形の葉っぱにするか、
普通のにするか、20分くらい立ち尽くして考えた。
・・・普通のにしました。
やっぱりあのアイビー独特の
ギザギザの葉っぱの形が、好きなのです!
ハートも可愛かったけどね。

リサイクル鉢カバー
(いただき物の盛り花の残骸)に、
アイビーの植木鉢が入らなくて、
力ずくで上部を切り取ったり、
関係ないところに盛大に土をこぼしたり、
途中で土が足りなくなって駅前に買いに出たりと、
半日かかって終了。

まあ、こんな日もありですわ。
脳内整理して気持ちよくなったので、
明日からは仕事がはかどるはず、はず、はず!

IMG_6260.jpg

このところ帰宅が遅くて
夕飯も手抜きや外食になってたのだけど、
この植え替えの勢いが収まらず、
弾丸で、野菜料理ばっかり作って食べた。

春は生き物のみなぎるパワーを感じる。
草や木の元気を感じたい。
野菜をいっぱい食べたい。
食べたら、身体が清々いたしました!

小泉さんの野菜でつくった
メニューは、
ニンジンとりんごの
クミン風味サラダ。
ほうれん草のお浸し。
焼き厚揚げにたっぷりおろし。
かぶとお揚げの薄味の煮物。
ニンジン、
ピーマン、れんこん(これは生協)
のソテー・バルサミコ酢と醤油。
びーると玄米。

ぷはー。



category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top

ひばりヶ丘カルチャーセンター(パルコ内)金継ぎクラス4月スタートのお知らせ 

 


日もだいぶ長くなって、
寒い日でも、日差しが春を感じさせてくれるようになりました。
漆が硬化しずらい真冬も、もう少し。

IMG_6254.jpg

4月から、練馬でクラスがスタートの予定です。
西武池袋線・ひばりヶ丘駅前パルコ内の、
ひばりヶ丘カルチャーセンタークラス

生漆、木粉、砥粉、小麦粉など、
自然素材を使った、古来からの修繕法です。

エポキシ接着やパテ、
「新漆」という名の化学塗料を使う、
今どきの簡易金継ぎも否定しませんが、
「手仕事」として、
「金継ぎをやってみたい」という方には、
やはり、古来法がお勧めです。
触っているのが、楽しいのです💛

クラス募集が始まっていること、
占星術の生徒さんからのお知らせで気が付きました。笑
(ひばりヶ丘では、占星術クラスの予定はありません)

4月から、第4火曜15:30~のクラスです。
3月の第4火曜15:30~より、無料説明会があります。

お道具や、金継ぎ品を持って行って、
道具や教材、工程について、ご説明いたします。
6名以上で開講としますので、
ご興味ある方は、是非、よろしくお願いいたします。

お申込みはこちら ひばりヶ丘カルチャーセンター


category: お知らせ

tb: 0   cm: 0

△top

金継ぎ技術向上委員会~蒔絵修行報告 ① 

 



暮れからスタートした蒔絵修行。
月に2~3回程度なのだけど、
やっぱり新しいことを習うのは楽しい!
12月は追加でプラス2回も行ってしまった。笑

それで、蒔絵の先生に、
金の丸粉は
研ぎだした後の仕上げに、
さらに漆で固めて磨くと
とてもキレイになると聞いて、
以前に丸粉を施した器で、試してみました。

IMG_6207.jpg

こちらはガラス質のところが
広範囲に剥がれてしまったお猪口で、
銀の3号を蒔いたもの。

IMG_6214.jpg

こちらは、金の2号蒔き
(たぶん。もしかしたら3号だったかも)

それぞれもう、
修繕してから、だいぶ使っている器。
擦れたり小さな傷がついたりしてます。

そこに漆を塗って、
ふき取り固めて、良く磨く。

確かに、輝きが増した感じ、
いきいきとした感じになる。
これは、仕上がりの美しさはもちろん、
保ちの良さにも通じそう。

+ + + + + + + + + 

今までも、
金を蒔いた後を漆で固める作業は、
2回ほどしてから研いでいたけれど。

磨き光った後に、
再度固めることはしてこなかった。
これからは、最後に
仕上げの固め&磨きもしよう。

今までに、丸粉で私に直しを頼んだ方、
希望があれば、この作業をやりますので、お持ちください。
消粉を蒔いた器では、できませんので、悪しからず。

(消粉は、金箔を粉にしたもの。
微細な粒のため、研いだり磨いたりすると
剥げてしまいますので、蒔きっぱなしで終了します)

+ + + + + + + +

それにしても、
日本伝統工芸・蒔絵、恐るべし。

金だとお値段が怖いので、
練習には銀を使っているのですが、。

「なるべく薄く均一に漆を塗った後に」と、
習ったし、心がけてきた、
金継ぎの蒔きの前の塗りとは違って、
たっぷりと漆を厚く塗る蒔絵の塗り。
平蒔絵でもけっこう厚塗りだし、
高蒔絵に至っては、盛り上がるほどの漆、。

その厚く塗った漆の中に、
金銀を蒔いては、
沈むのを待ち、また蒔いては
沈むのを待ち、というのを繰り返して、
大量の金銀を蒔くのです。
さすが黄金の国じぱんぐだよ。

たっぷりの漆の中に
たくさん金銀が沈みこんで固まって、
それを研ぎ出すと、金銀が光り出すしくみ。
そりゃ、薄皮一枚分を輝かせた金とは、
輝きの厚みと深みが全然違うわけだわ。

先生やベテランの方の作業を拝見していると、
1回に2~3グラムは金銀がないと、
やりずらいような作業・・・ではある。汗

それも、7号とか6号とか、11号とか、
大粒の丸粉を使うのである。・・・・・汗×2。
(大粒っていったって粉だけど、大粒になるほど、
1グラム当たりの見た目の嵩が少なく感じる、、。)

・・・これは上手に「いいとこどり」を心がけて
「丁度良いかげん」を自分でみつけないと、
、、、と、ちょっとビビってます。笑

でも、取り入れられる技術やコツは取り入れて、
いろんなパターンの金継ぎができるようになると良いな。
お教室や、ご依頼品にも、
活かしていきたいと思います!




category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

ブログのデザイン変えてみました。練馬クラス増設予定あり。 

 


早いですね~、もう2月です。

今までのブログの
ヘッドデザインの色が、
重く感じるようになって、変えてみました。
もうすぐ立春だからかな?

IMG_6135.jpg

一番寒い季節。
リビングのテーブル下の
パン捏ね機 ON THE 娘のタイツ足と猫のキロン。
ここはストーブの
あったかい空気が吹きだまるところなのよ。

IMG_6090.jpg

こちらの器は昨年夏からの、お預かりもの。
ぽってりと豊かで、
でも重たすぎない素敵なお茶碗。
初めて、金沢金の丸粉6号を蒔いてみた。
習っている蒔絵の手法を
自分なりに、アレンジして、。
どれくらい厚みのある光り方となるか、楽しみ。

それにしても、
丸粉の号数が上がるごとに、
1グラム当たりの金粉の見た目量が、
恐ろしいほどちょびっとに、なることだよ、、。笑

+ + + + + + + + +

気が付けば、この2年半で、
講座やグループクラスが、
7つになっていました。
ほんとうに、ありがたいことです。

修繕をご依頼くださる方も増え、
もう少し、技術とスピードの体制を整えたいところです。
お断りにしてしまっている方、
長くお待たせしている方、申し訳ございません。

でもこれは、
だいぶ「金継ぎ」が認知されてきている、とうことよね。

春から練馬区でひとつ、
平日午後のクラスがスタートするかもしれません。
発表できるようになったら、こちらに載せます。
自分で繕うと、とっても楽しいから、是非!







category: 雑記

tb: 0   cm: 0

△top