FC2ブログ

金継ぎクラス空き情報「三鷹台一軒家カフェ cafe maru」クラス 1名入れます! 

 



昨日は荻窪サロンで、
金継ぎのクラスでした。

IMG_6152.jpg

のんびり、3名でやりました。
年代も住む場所も違う、金継ぎ女子。

IMG_6158 (1)

私も自分の修繕を
一緒にさせてもらってます。
(消粉と丸粉の見本にしていた小皿がまた割れた。
今度は、線の見本ですね、6号丸粉でやりますよ)

このクラスは、
カルチャーセンターや
ワークショップのクラスを
卒業された方の単発利用枠として、
1つ空けたままにしております。
第3か4の木曜15:30からのクラスです。

現在数名サロンでの金継ぎを
ご希望いただいているのですが、
曜日が合わず調整中。


 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


そして、
三鷹市牟礼7丁目の一軒家カフェ、
(三鷹台・吉祥寺からバスの
牟礼コミュニティーセンター近く)
cafe maruさんのクラスに空きが出ました。

cafe maru site

s-cafemaru 3s-cafemaru 2
写真 (12)写真 3 (6)

こちらは、
スタートの時から参加くださっていた
Nさんが、立派な大物器の修繕を終えて、
ご卒業、1枠空きました。
オトクなカフェのお茶付クラスです。💛

基本的に、
毎月金曜日の13:00~なのですが、
参加者で調整して、日程変更することがあります。

現在は、
幼稚園ママさんたち、
おしゃれでカッコいいおばさま、
あと、かなり自由人な男性メンバーです。
店主のまるさんも一緒に継いでおります。

年代もなにも違うのですが、
(だからか?)
それはそれは、自由で楽しいクラスです。

8月は夏休みしますので、
ずいぶん先になっちゃいますが、
ご興味ある方は、
9月9日(金)13:00~15:00に、
お茶を飲みがてら、見学にどうぞ!

お問い合わせは
michicagohda★gmail.com (★を@に)
お待ちしています!



category: お知らせ

tb: 0   cm: 0

△top

たくさんお預かりした金継ぎ納品 m(_ _)m 

 


たくさんお預けくださった方の金継ぎ品、
最後の1つも出来上がり、ようやく全納品できました。

お預かりしたのが昨年の夏、
本業のサロンオープンの
ドタバタ中だったので、
「ほんとにすご~く長く
かかってしまうかもしれませんけど・・」と
お返事してお預かりはしたのですが。
ホントに、こんなにかかってしまうとは。
m( _ _ )m 

たくさんお預けくださり、
長くお待ちいただきまして、感謝いたします。

IMG_6040.jpg

これは、「丸金粉3号」で仕上げました。
金を蒔いて漆で固めてから、磨きます。

器の表面はこんな感じです。
内側が、欠け剥がれていました。

IMG_6041.jpg

素適な器です。
こんな器を手に取らせていただき、
愛でて修繕できるのは、無常の喜び!
離れがたいほど。笑

IMG_6045 (1)

私はぜんぶ天然のモノで修繕しています。
(本漆・木粉・小麦粉・石粉など)

土と水を捏ね、
火と風を与えて器にしたものを
さらにまた、
水や石や、
木の粉や樹液(漆)を加えて、
アレコレいじっていると、
錬金術か!?というほど、
無心になり本当に楽しいんですよね。

「火・地・風・水」揃いですよ、奥さん!爆
やっぱりこの4つが揃うと、
5番目の上の次元への扉が開かれる、、と
いうことなのかしらん。
(なんのこっちゃ、ですわね)

こちらも、また、ものすごい素敵な器で、
やはり離れがたい。

IMG_6033 (1)

これは元々、
左側の小さな修繕がありました。
消粉だと思う。

IMG_6030.jpg

だから、お揃いになるよう、
私も、消粉でしてみました。
ちょっと色が揃わないけど、
それもまた、かわいい。

お別れするのは名残惜しかったけど、
持ち主さんへと、お送りいたしました。

長らくのお待たせ、申し訳ございませんでした!
どれもこれも、かわいい器ばかりで、
修繕させていただき、楽しく嬉しゅうございました。
ありがとうございました。



category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

ご褒美 京都の思い出 

 



ご褒美、って、
自分が決めて、
自分があげたんですけどね。笑

IMG_5229.jpg

このところ本業も忙しくしていて、
サロンに15時間勤務とか寝袋泊まりが続いて、
好きなことだからぜ~んぜん苦じゃないんだけど、
さすがに、
「たまにはゆっくり美味いもん食ったり
のんびり街歩きしても良いのでは?」と思ったわけです。
・・・誰に言い訳してるのか、自分。笑

今回京都へ行ったのは、
鞍馬寺ウエサク祭でエネルギーワークをするという、
金継ぎ繋がりの方には
「なんのこっちゃ」のお仕事だったのですが、
(エネルギーワークとは、
気功で言う“気”みたいなものを送ること。
潜在意識で受け取られたエネルギーは、
受け取った方の気づきやヒーリングを促すのです)
無事に終わった次の日、念願の場所にも、行ってきました。

その備忘録です。


====


いつもネットや電話でお世話になっている、
京都の漆屋さんへ初訪問。
ご挨拶と、お買い物。

IMG_5173.jpg

職人肌の親父さんと、
30代の息子さんが迎えてくれました。
息子さんが、新しい商品の開発や、
メールのお返事をくださっているのね~。
安泰、安泰。

IMG_5176.jpgIMG_5174.jpg
IMG_5178.jpgIMG_5177.jpg

螺鈿に使う貝や、たくさんの種類の筆、
顔料などなど。見ていて飽きません。

====

大好きな河道屋は外せませんの。

IMG_5193.jpg

IMG_5200.jpg

この席が好き!空いててラッキー。

IMG_5207.jpg

茶そばをとろろで。うまうま満足。


===

行きたかったところ、その1。
初・河井寛次郎記念館。

IMG_5448.jpg

写真も、OKで嬉しい。が、光が映らないねえやっぱり。

IMG_5392.jpg

住みたい。

IMG_5397.jpg

たまらんの。

そして。

IMG_5405.jpg

おおお。素焼き窯です。

IMG_5418.jpg

おおおおおお!! 登り窯です。

IMG_5417.jpgIMG_5403.jpg

斬新であたたくて、オリジナリティあふれるもの、たくさん。
河井氏が作ったテイストって、
いまのものにも、たくさん含まれているよね。

IMG_5407.jpg



======



そして、もうひとつ、
ずっ~と行きたかった「草喰 なかひがし」

マクロビオティックのお教室に通っているとき、
課外授業がここだったのですが、
(なかひがしさんは、マクロじゃないですけど)
私は参加できなかったのです。

いいなあ、いいなあ、と言い続けて、ようやく初訪問。

IMG_5455.jpg

IMG_5463.jpg

美しい! 
そして、どれもこれもイキイキとして、美味。

IMG_5467.jpg

IMG_5471.jpg

IMG_5462.jpg

IMG_5474.jpg

美しい「手」の仕事の様子が目に浮かぶ、お料理たち。
ていねいで、でも大胆な、遊び心ある「作品」たちでした。
心から、感動しました。

IMG_5473.jpg

IMG_5476.jpg

IMG_54812.jpg

その人の前に立つだけで、
襟を正す気持ちになる相手って、いますよね。
「自分も、恥ずかしいことはできないぞ」と。

IMG_5482.jpg

IMG_5460.jpg


IMG_5485.jpg

私には、お野菜を送ってくれている小泉英政さんと、
YOGAの師匠の友永淳子先生が、そうなのですが。
このお料理を作る中東さんにも、それを感じました。

IMG_5493.jpg

IMG_5496.jpg

その在り方だけで、
人を感動させるって、すごいですよね。
それまで生きてきた姿勢が、
黙っていても人の心を打ち、姿勢を正させる。

IMG_5497.jpg

IMG_5499.jpg

IMG_5502.jpg

いやほんと、すごい体験でした。

しかし。「なかひがし」さんでは、もうひとつ、
個人的にも、信じられないような体験が、あったのです。
続きはこちらで。



=========


次の日は、大急ぎで奈良まで足を延ばして、
昨年、ひとりで、
縁もゆかりもない奈良に引っ越した、
私の太陽の度数に月を持つ、きいのさんと逢瀬。笑

IMG_5530.jpg

元気そうで良かった。
タロット占いしてもらっちゃった💛

IMG_5522.jpg

やっぱり、居るんだね奈良には、鹿。 
かわいいなあ。良いなあ、奈良。

IMG_5545.jpg

3時間だけきいのさんと歩きお茶をして、
大急ぎで京都駅に戻り、
帰りの新幹線まで、あと1時間。

・・・思い残すのは、中村藤吉の抹茶パフェ!!
と、駅ビルのカフェに走ったら、
まさかの、45分待ちでしたことよ。泣

仕方なく、
下の階の藤吉NEXT(スタンド店)の
抹茶アイスで、お茶を濁す。

IMG_5538.jpg

次は絶対!!藤吉のパフェ食す!

なんのかんのと、
好き放題した京都旅行でした。

普段たくさん頑張って、
ふっと2~3日京都で息抜きって、良いな。
半年に1回くらいは、京都に行きたいなあ。

行きたいです!

・・・と天の誰かに叫んでみる。

IMG_5570.jpg

後日、大急ぎで回った三十三間堂から、
着払いの宅急便が、。
ええ、帽子を忘れました。

でも、宅急便の差出人が、
「三十三間堂 本坊」って、すごくないですか!?
↑ バカ。



category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top