FC2ブログ

金継ぎクラス情報 工房残席1 三鷹台カフェ残席1 ひばりヶ丘セブンカルチャーセンター4月クラス増設予定です 

 


寒いですね~。
漆の乾きがてきめん悪い。

漆は湿気(水分)によって
化学変化を起こし、硬化するのですが、
ほどほどの温度も必要です。
一般には温度25度前後、
湿度は80パーセントくらいがベストとされます。
(まあ、20度60パーセントくらいまではなんとか。)

小さい茶器
(錆漆を付けたところの小さな茶器)

塗りや蒔絵の工房には、
温度と湿気を一定に調整した室(むろ)と呼ばれる
保管庫のようなものがあるのですが、
私の工房はマンションの小さなスペース、、

小動物の保温マットを箱に敷いて
「室(むろ)」にしているのですが、
エアコンを切って翌朝出勤すると、
新聞紙は乾ききり、
保温マットじゃ温度も足りないっぽい。


一番寒い季節ですから、仕方ないんですけど、
預かりものが多い時期で、難儀しております。

サロン金継ぎ写真

今月のサロンの金継ぎ風景。
おひとりお休みだったので、私も参戦。

バームクーヘン

Kさんから、ハリエのバームクーヘンを差し入れていただきました💛
ありがとうございま~す!

こちらの、私の工房でのクラス、
あとお1人くらいお入りになれます。
毎月1回、木曜日の15:30~で、調整しています。
すごくのんびりと、緩い時間が流れております。


そして。
4月からひばりが丘のセブンカルチャーセンターで、
キャンセル待ちしていただいている方が多いため、
クラスが1つ増えます。ありがたいことです。

現在と同じ、第4火曜日。
15:30~17:30のクラスに加えて
13:00~15:00のクラスが増設予定。

3月第4火曜13:00~説明会を開きますので、
自然素材だけを使用する
古来からの金継ぎに、ご興味ある方、是非お越しください。
近くになりましたら、またブログでお知らせいたします。


三鷹台一軒家カフェ cafe maru さんのクラスも、
もうお1人お入りいただけます!

普通に、ふだんに、ちょこちょこっと、
気軽に自分の器を直せるようになりましょう。

お友だちのなんかも、直してあげられるようになります。
金や銀で継がなくても、
漆で仕上げる方法もあります。

カンの良い方でしたら、
月イチ1年くらいで、
10個も直せば、家で自分でできるようになります。









category: レッスン案内

tb: 0   cm: 0

△top

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします 

 


2017年
9日も過ぎてしまいました。汗。

今年も、やっぱりちびちび、
自然素材で器継ぎをしていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

今日は、今年初めてのクラス。
古淵のカルチャーセンターでした。

一番古いクラスだからか、
ここにいくと、なんだか安心します。
初心に戻る。

4年前にここの店長さんだった方が、
このブログを見て、
「教えてみませんか」と声をかけてくれたのでした。

この1~2年金継ぎ流行りで、
あちこちにお教室できていますが、
まだあの頃は、やってると言っても、
一部のモノズキ以外は、
「金継ぎ??」なに?って感じでしたのよ。

よくも名もない、実績もない、見も知らぬ私に
声をかけてくださったなあ、。
後でわかったら、お誕生日一緒だったんですけどね。

ニューカレドニア太陽

これは、
ニューカレドニア島のお皿だそう。
すごく明るくて、とっても大きいのです。

シチリアおさかな

こちらのおさかなは、イタリアはシチリア島のお皿。
ご主人がイタリア料理店をしていらっしゃる生徒さんのお皿。

古淵

小さなお皿もみんな可愛いのばかり。

みなさんの持ってきてくれる器を
拝見するのも、楽しみ。


===


土と水と火と風とでできた器が
バラバラになったり傷ついたり。
それを樹液と石の粉と木の粉と水、
金の粉で繕う。

モノズキしかわかりませんが、
手の先に感じるモノたちとの時間、
しーんと静かに冴え渡るその感じ、
たまらないのでございます。笑


今年も、一緒に、楽しみましょう。
荻窪サロンに、あと1名入っていただけます。
(木曜15:30月イチです)






category: 暮らしまわり

tb: 0   cm: 0

△top