FC2ブログ

最近の金継ぎ品と、生徒さんのカワイイ作品たち。 

 




いよいよ秋空になってきました。
漆が元気な時期も終わってしまうなあ。


最近の修理品。

薄い藍色の筆運びがさりげない、
すてきな佇まいの古い蕎麦猪口。

Kさん蕎麦猪口


こちらも不思議なご縁で
うちにやってきた蕎麦猪口。
あとで、持ち主を聞いてびっくり。
銀丸粉で継ぎました。



====



芸術の秋・手仕事の秋なので、
久しぶりに生徒さんの作品をご紹介。

こちらは、武蔵境のカルチャ―センター。


生徒さんアヒル

首が取れちゃった、アヒルさん。
あんまり可愛くて、パチリ。


こちらは、お友だちに頼まれたという、
急須のふたに金を蒔いているところ。

生徒さん作品2


これは、お友だちもさぞや喜ぶでしょう。
自分のものでない、頼まれものを継ぐと、
緊張感で、腕が上がるのよね、、、。


こちらは、カルチャーセンターでは、
珍しくポップな、若いお嬢さんの作品。
継ぎの線が、
とてもほっそり、さすが若さ。
(みんな、老眼と戦っております。笑)

生徒さん作品1


武蔵境は、満員ですが、
相模原市古淵イオンのカルチャーセンターと
練馬ひばりヶ丘Parcoのカルチャーセンターは、
1~2名空きがあります。

ひと月1度で、1年もすれば、
家の器の修理、7~10個くらいはできますよ。




category: 金継ぎ品

tb: 0   cm: 0

△top

最近の金継ぎ品と、秋以降クラスの空き情報 

 



なんだか今年の夏は雨が多くて、
しっかり「今が夏!」って時期を逃してしまったような。
家のゴーヤも、今更、、って、所在なさげです。


最近アンティークショップの納品した銀継ぎ品です。

IMG_2798.jpg

IMG_2804.jpg

IMG_2787.jpg

同じ作家さんの、個性的な白い食器。
修繕楽しかったです。


いつも長く預かって、
何度も工程をかけて直すので、
別れがたくなってしまいます。笑


銀は、このところ気に入っている丸粉2号。
(重厚感が出過ぎなくて、薄くもない)


昔、美大出の
金継ぎの先生から教わった
丸粉の蒔き方ではなくて、
蒔絵で使う蒔き方を参考にして
蒔いてみたので、少し高さが出ています。
(乾口を取らない、高蒔絵に近い方法)


洋食器は、銀が似合いますね。


教室では、
消金粉と消銀粉と、
両方使っていただいています。


丸粉は、
消粉に慣れてから、
ご希望があれば、使っていただいています。



====


教室空き情報

武蔵境、古淵のカルチャーセンター、
三鷹台カフェワークショップは満席ですが、

練馬Parcoの中にある
ひばりヶ丘セブンカルチャーセンターに、
少し空きがございます。

毎月 第4火曜日
13:00~15:00
15:30~17:30

以下に、どうぞお問い合せください。

ひばりヶ丘カルチャーセンター
西武池袋線
ひばりヶ丘駅南口駅前Parco内
042-421-4511



漆と自然素材を使った、
本格的な直し方です。
お教室の内容は、
コチラをお読みください。



見学も受け付けていますので、
カルチャーセンターにお申込みください。


どうぞよろしくお願いいたします!






category: 金継ぎ品

thread: 和風、和物、日本の伝統 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

△top