FC2ブログ

金継ぎ工房三知花~なぜか「星と宇宙に繋がるYOGA」クラスも開催しています 

 



金継ぎは
「アートセラピー」でもある、
というのが持論。

三知花の本業はセラピストです。
占星術やエナジーワーク、
ヒーリングを組み合わせたセッションや、
それらをお教えするサロンを開いています。
「荻窪Room1213」といいます。
アロマも使うし、
インナーチャイルドワークも
ヒプノも、ボディワークも。


それを使って、
なにをしているかというと、
バラバラになったその方の欠片の集めて、
統合された唯一無二の個性にたどり着く、、
そのための、お手伝いをしているのです。

自分であることが嬉しい。
イキイキとと好きなことに取り組める。
そんな日々を取り戻してもらいます。

私にとっては、
セラピーも金継ぎも、
フォーカスの先が違うだけ。
傷ついたり割れて、
残念な形になったものが、
手を掛けることで、
元々の姿以上の個性と輝きを取り戻す。
「死や破壊・・・そこからの再生」
それを観たい、関わりたいのです。


=====


青い鳥の幸せと一緒で、
きっとそれは、ほんとは、
はじめからそこに有るもの。
はじめからそうだったとしか見えない「個性」。
でも、そこにたどり着くには、
やっぱりプロセスが必要だったりします。


なんでなんでしょうね?

それはたぶん、
苦しい悲しいツライといいつつ、
それが人生の醍醐味だからですよ、きっと。


IMG_3571.jpg

=========


自分の本質を思い出し、
宇宙と繋がるYOGAクラスを始動しています。
詳しくはコチラの記事。

S20180222YOGA 
こちらは第一回目のワークショップの記念写真。

YOGAワークショップには、
セラピーのお客様以外に、
金継ぎクラスの方にも、
お申込みいただいています。


ゆるく、心地よく、
人生の後半イキイキと、
やりたいことができるように。

アラフィフからの~、ゆるいヨガです。
その上、まだ珍しいクリスタルボウルの
ヒーリング付きのクラスです。


クリスタルボウルは、
水晶でできた倍音楽器なのですが、
鉱物・天然石を加えて焼いた
アルケミーボウルは倍音が半端なく、
脳波は、アルファー&シータ波になり、
身体は温泉い入ったように、
ホカホカつるつるになります。
音の振動が、身体の細胞を振動させます。

天球の音・天使の声と言われる素敵な音です。
聴くだけで、涙を流される方もいらっしゃいますし、
スピリチュアルな観点から申し上げると、
聴くだけで浄化、変容、解放を促します。
私の持つボウルの中には、
宇宙意識を目醒めさせるボウルもあります。


インド


運動ずっとしてない、
運動神経ない、固い、
動けない、恥ずかしい、マットがない、
ウエアもない、ぜんぜん大丈夫です!
ぜひ一度、いらしてみてください。

3月24日のクラスは満員御礼ですが、
4月16日(月)13:15~15:45
クリスタルボウルシャワー・ロングバージョンのクラスは、
まだお申込みいただけます。


場所は荻窪(詳細はお申し込み後にお知らせ)、
料金は5000円です。
こちらのフォームからお申込みください。

IMG_4448.jpg

IMG_3981.jpg


category: お知らせ

tag: #器修繕    #金継ぎ  #アンティーク  #YOGA  #ヨガ#ヨーガ 
tb: 0   cm: 0

△top

冬 工房に入院中の器たち ~寒さ&乾燥で硬化しずらい漆~ 

 



冬の乾燥と低温は、
漆の硬化には、大敵です。

漆は生きていて、
動物と一緒で、温かめが元気。
また、漆の成分は、
水分(湿気)を取り込むことで
化学変化を始め、硬化していく。


だから、
低温&乾燥の冬は、
足りない温度や湿気を
工夫して与えてやらないと、
漆は、うまく硬化しないんですね。


漆屋さんや大きな蒔絵の教室は、
湿度温度を一定に保つ「室」というのものを創って、
常に漆が硬化できる良い状態を保っていますが、
私の小さな工房では、
ペット用の保温マットと
湿気させた布や新聞紙で対応。笑


=====


カフェやカルチャーセンターのお教室だと、
状態を管理できずに置きっぱなしになるので、
時どきトラブルに見舞われることもあります。

入院品


1ヶ月置いてもうまく固まらないことが、まれにあるのです。
これらは「入院」と称して、私が持ち帰った生徒さんの器。


IMG_6017.jpg


この急須は、
私の不注意で、
先の欠片が行方不明になり強制入院。

次回までに、私が先っぽをつくっています。
失くしちゃって、ごめんなさ~い!


IMG_6023.jpg

はやく、
温かくて湿った春がこないかなあ、、、。












category: お知らせ

tag: #金継ぎ  #器修繕  #アンティーク    #金繕い  #金継ぎ#器修繕  #金継ぎ 
tb: 0   cm: 1

△top