FC2ブログ

2018年夏の金継ぎクラス案内 

 


暑いですね~。
金継ぎブログを始めてから
7回目の夏。・・・はやいなあ。
そして今年は、滅法暑い!


Cafe maruさんでの
クラスが終了したので、
現在、荻窪工房以外の
外部金継ぎクラスは、
カルチャーセンター3カ所5クラスのみです。


IMG_9236 (2)


時間があれば
8回程度のワークショップもしたいのですが、。
久しぶりに、お教室の案内をしておきます。



===


「くらしの金継ぎ」クラスは、
本漆と自然素材のみ
(小麦粉、砥粉、石粉、木粉など)を
使用して丁寧に繕う古来法の金継ぎクラスです。

身体に害のある化学的な材料や
「新漆」と言われる塗料は使わず、
(漆はカブレの可能性はありますが・笑)
使っても、身体に安心な修繕を目指しています。


金粉銀粉は、はじめは
消粉(箔を粉にした細かいもの)使用。
慣れた方には、丸粉も使っていただけます。
金銀を蒔かずに、漆のままで仕上げる、
日常使いの修繕法もお教えしています。


修繕は、欠けヒビでしたら5~6回、
割れですと7~8回の工程かかりますが、
3つ~5つの器を同時進行で修繕していただけます。
(丁寧さ仕上がりの美しさを求めるなら、+2~3回)


「くらしの金継ぎ」クラスは、
いずれはおうちで
自分で、自由に器を繕っていただけるように
室の作り方や湿度管理、
材料の購入先なども、ご紹介しています。

1年12回7~8個の器を仕上げれば、
ひと通りの技法は、身につくかと思います。
(丸粉習得には、もう少しかかります)


教え始めた5年前とは違って、
様々な材料、様々な技法の
金継ぎのクラスが増えてきましたが、
やはり
ほんものの材料で丁寧に繕った
安心して使用できる器繕いは、

少しくらいいびつなできあがりでも、
ほんものだけが持つ、
美しさと温かさを備えているものです。


ぜひ、
じっくりと
好きな器と向き合う時間や、

できあがった器を
愛で使う豊かな時間を味わってみてください。



わたしは、
セラピストが本業ですが、
壊れた器を直す過程は、
自己と向き合う癒しの時間と感じます。

壊れた器を自分の手で再生し、
あたらしい美しさをそこに生み出すこと。
その体験は、
目に見えない充実感と、
活力をあなたに与えてくれるでしょう。


静かでありながら、
心浮き立つ時間を
ご一緒できましたら、幸いです。


以下クラス案内です。




=======


工房三知花「暮らしの金継ぎ」クラス


カルチャーセンタークラスと
荻窪工房クラスがあります。
料金体系や初回購入品について、違いがあります。

バーナー写真


〇カルチャーセンタークラス〇

*入会方法・料金などは、
各カルチャーセンターへお問合せください。

基本的に3回ずつの前払い。
入会時教材は、10800円です。
(すでに持っているものは、購入の必要はありません)
キャンセル待ちのクラスもあります。


【武蔵境ヨーカドー・セブンカルチャー】
HP https://cul.7cn.co.jp/programs/program_700134.html
第1日曜 ①13:00~15:00 
       ②15:30~17:30 
*お問合せ 0422-31-4114

【ひばりヶ丘Parco・セブンカルチャー】
第4火曜 ①13:00~15:00
       ②15:30~17:30
HP  http://www.culture.gr.jp/detail/hibari/itemview_64_903007471.html
*お問合せ 042-421-4511


【古淵イオン・相模原カルチャー】
第2日曜 15:00~17:00
HP http://www.culture.gr.jp/detail/sagamiha/itemview_18_18000609.html
*お問合せ 042-776-3011 




〇荻窪工房クラス〇


荻窪駅から5分の工房三知花でのクラス。

入会は空きがあればいつからでも。、
2~3回では仕上がらないので、
最低でも6回程度を受講目安としてください。

入会金はありませんが、
筆のみ個人用のものを購入していただきます。
(2本で、3000円程度)1回5000円です。

クラスで使用する、
漆・素材・道具など、
修繕に使う材料は、会費に含まれています。
器は出来上がりまで
工房でお預かりしますので、
手ぶらで来ていただけます。

第1水曜 10:30~12:30 
第3(4)水曜 15:30~17:30 

*金銀は実費です。0.4g4000円。
指の先程度の欠け傷でしたら、
7~8箇所以上は、修繕できます。


〇お問合せ・ご相談〇

クラス内容や材料教材についてと、
直したい器が、どの程度で直るかなどの
ご相談・お問い合せについては、
カルチャーセンタークラスも含め、
メールにて直接、お問い合わせください。
michicagohda☆gmail.com(☆を@に)

カルチャーセンタークラスの
入会規定や料金などは、
各カルチャーセンターにお問い合わせください。





category: レッスン案内

tag: #金継ぎ#器修繕  #金繕い#アンティーク  #金継ぎ#金継ぎ教室  ♯銀継ぎ  #Kintsugi 
tb: 0   cm: 0

△top